赤レンガの花壇|いいエクステリア職人の会社へ|こだわりの水平と垂直

エクステリアのレンガ職人さん-こだわりの水平と垂直

家の前庭に赤レンガの花壇はとってもきれいでいいですよ。赤レンガにとってもこだわっているエクステリア職人は沢山います。こだわりの職人技を紹介します。今回は赤レンガの水平と垂直へのこだわりです。

レンガ花壇の水平

レンガ

レンガ

職業訓練指導員なので、多くの職種のいい職人さんたちに出会います。
今回はエクステリア職人Aさん。園路などに赤レンガの花壇を作るときのこだわりを紹介します。

花壇は普通高さが50~60㎝と低いのでじっくりと見てもらうことは少ないです。
でもエクステリア職人さんは赤レンガ花壇の「水平」の精度をより上げようとしています。

水平の基準になる水糸

水糸

水糸

水平に水糸を張って糸1本分水平に離してレンガを積みます。
通常、この上の写真にあるようなマッキロン(商品名)とか黄色い水糸が使われます。

でも、この職人Aさんはこだわって白い木綿糸を水糸として使っています。

なぜかと聞くと、
「木綿糸は軽いので引っ張って張れば真ん中でほとんど垂れない」
「木綿糸ならマッキロンより1.5倍以上長く張れる」
「木綿糸なら安いので使い捨てができる」

いろいろ糸を試してこの木綿糸にたどり着いたそうです。手間が減って水平の精度が上がります。
でも木綿糸ならなんでもいいかと聞くと

「80番が一番」だそうです。手芸店で買えますよ(笑)

こだわりの縦目地で作る赤レンガ花壇

花壇」

花壇

赤レンガ花壇を作るエクステリア・レンガ職人Bさん。赤レンガ花壇の縦目地が垂直になるようこだわってます。

普通のレンガの積み方だと、レンガの縦目地は下から1、3、5段・・の奇数段の縦目地を揃え。2、4,6段・・の偶数段で縦目地を揃えますよね。

タイルのように垂直にピッタリ縦目地を揃えなくてもレンガはきれいに見せることはできます。でもこの職人Bさんは縦目地を揃えること、こだわりです。

普通、1段目のレンガの縦目地に比べて2段目以降のレンガの縦目地は広くなったり、狭くなったりします。
奇数段のレンガの縦目地の中心を一致させて、偶数段のレンガの縦目地を一致させる。
こうするとよりきれいにレンガの花壇はみえてきますとのお話。

レンガのサイズは意外とアバウト

花壇

許容誤差

JIS認定工場で作られている赤レンガ。焼き物なのでJIS合格品でも長さは±5mmまで認められています。
赤レンガの長さは長いものから短いものの差は最大1cmもあります。大きさがバラバラなレンガ。

何から始めるのか聞くと、
「赤レンガを長め・普通・短めに分けて3つの水を張ったフネに沈める」そうです。

全部、締を解いて分けるのか?と聞くと
「1締に長め・普通・短めと大きさの違うレンガが上手く組み合わさって入っているので、全部のレンガは解かない」
1締のレンガを全部を積み終わってから、次の1締を解いてレンガを積むとバランスよくなるそうです。

大きさの丁度いいレンガばかり積んでいくと、長いレンガばかり残ったり、短いレンガばかり残ったりして最後が上手くいかない。

まとめ

職人さんによってやり方は違ってくることはよくありますよ。でも、どのやり方でもこだわるっているならそれが正解でしょうね。