赤レンガの積む向き

花壇

赤レンガの表・裏、上・下をきれいに使い分け

きれいな花壇を作るのにエクステリア職人はレンガの積む向きをこだわってますよ。
赤レンガで花壇を作るには、赤レンガの表面・裏面、上面・下面をまず決めないといけないようです。
普通に赤レンガを積むと赤レンガの一番長い方を左右にしますよね。そして、赤レンガの一番大きい面積の面を上下にします。よくみるスタイルですね。

赤レンガのJIS規格

花壇
許容誤差

赤レンガにもJIS規格があり、JIS認定工場で生産されています。レンガは焼き物なので、タイルやコンクリートブロックとは違ってJIS規格の合格はアバウトです。

赤レンガの長さ方向は、JIS規格合格品で210±5mmもあります。赤レンガの最大の誤差を考えます。長い赤レンガは215mm、短い赤レンガは205mmですから、長手方向では最大1cmも誤差があってもJIS合格品です。

赤レンガの表面・裏面

花壇

JIS認定工場で器やお椀の焼き物と同じように赤レンガは焼かれて生産されます。粘土を型に流し込み焼き上がって赤レンガとして取り出されます。出来上がった赤レンガが型から抜き取られるため、赤レンガには表と裏ができることになりますね。

細かい粒がそろっていて表面が滑らかな面が赤レンガの表です。一方、粗い粒で表面が多少凸凹しているのが裏面です。工場の生産工程上、滑らかな表面と粗い裏面がでてしまうのです。

赤レンガの上面・下面

赤レンガは焼き物なので歪んでいることはよくあります。レンガを凸に積むか凹に積むか迷うかもしれないです。

花壇
職人さんによって、レンガを凸に積んだほうが据わりがいい。
いや、レンガを凹に積んだほうが水糸に合わせやすいのでいい。

花壇

いろいろなやり方があります。赤レンガが凸になるように上にすることにこだわる職人さん。赤レンガが凹になるように上にすることにこだわる職人さん。どっちが正しいか?聞かれることがありますが、両方正しいそうですよ。

お好きなやり方で。

まとめ

赤レンガで花壇を作るとき、職人さんのこだわりを紹介しました。
赤レンガを積むとき、水糸に木綿糸80番を使う職人さん。
赤レンガの縦目地をほどよくランダムにしてきれいに見せる職人さん。
赤レンガの縦目地を目地の中心にそろえてきれいにみせる職人さん。

どれも、赤レンガ花壇をきれいに見せるためのこだわりです。どのやり方が正しいかは言えません。
全部正解ですね。

レンガ